:クラウドサービス :クラウド向けStorage :動画編集用高速Storage :Standard Storage
:NAS Server :Rugged Products :テープ :Others

CDS-DS1808-48CH [8Gbps FC & 1Gbps iSCSI]

多種多様のディスクに対応(SATA、NL-SAS、SAS、SSD)
SATA:大容量を重視する場合、適しています。
SAS:パフォーマンスと信頼性の両方重視する場合、適しています。
SSD:読み込み重視で運用する場合、適しています。
NL-SAS:大容量と信頼性を求める場合、適しています。


データ保護機能が標準で搭載
Snapshotによりデータのリストアが可能です。
Volume mirrorによりRAIDのボリュームが消失しても復旧が可能です。


大容量キャッシュメモリが搭載可能
標準で1Gのキャッシュメモリを搭載しています。
最大でキャッシュメモリ4GBまで増設が可能です。
データアクセスに不満を感じた場合、増設することによりパフォーマンスの低下を防ぐことが出来ます。


簡易なGUI操作が可能
管理ツールをホストマシンにインストールせず、Webから装置の監視、障害通知が可能で簡単にリモートで各ステータスの確認が出来ます。
障害が発生時、障害通知を設定することで障害内容を一目で確認が可能です。


操作パネル上でも操作、ステータス、障害の確認が可能
CDSDS1808の前面にある操作パネルによりノートPCなど外部から接続しなくても状況確認が可能です。


拡張筐体を使用により最大で240台のDisk搭載
4Portの8GFCと2 PortのiSCSi(1Gbps)のインターフェースを搭載
プロビジョニング可能な仮想ストレージプール

 

CDS-DS1808-48CH [8Gbps FC & 1Gbps iSCSI] スペック

仕様 CDS-DS1808-48CH
8Gbps FC & 1Gbps iSCSI
[3.5" HDD48台搭載]
ホストインターフェース
(シングル/デュアルコントローラ)
8Gbps FC (4/8ポート)
1Gbps iSCSI (2/4ポート)
ディスクインターフェース 6Gbps SAS/3Gbps SATA
搭載ディスク ディスクサイズ 3.5インチ
容量 600GB 10Krpm
SATA 1TB/2TB 7.2Krpm
ストレージコントローラ シングルまたはデュアル
搭載ドライブ数 48
拡張筐体 最大4台の拡張筐体まで接続が可能
1システムあたり最大240ドライブ搭載
RAIDレベル 0, 1, 3, 5, 6, 10, 30, 50, 60
データ保護機能 スナップショット(標準)
ボリュームミラー/コピー(標準)
レプリケーション (オプション)
シンプロビジョニング(オプション)
電源 530W x3
100-240VAC / 50-60Hz, 冗長電源
寸法 445(W) x 176(H) x 874mm(D) (4U)
重量 68.4Kg(HDDなし)
動作温湿度 5℃~40℃ / 10%~90%RH(結露なきこと)